« 冷え性にうれしい「イワタ」の羽毛ソックス | トップページ | 「Boutique! ファッションって何?アートと考える、その姿。」 »

2014年12月23日 (火)

19世紀までの博物画・ボタニカルアート展

Btop3  今、植物の世界に興味を持つ人が増え、植物図鑑が人気を集めているようです。絶滅危惧種を保護しようという動きも活発になっています。
 こうした中、渋谷のパルコギャラリーで開かれているのが、「19世紀までの博物画・ボタニカルアート展 ビューティフルからグロテスク ―一瞬のはかない美の記憶―」です。

 会場には、アンティークなボタニカルアート(植物標本画)や稀覯本、博物図鑑などが展示され、近代以前のヨーロッパの医学や薬草学の一端を垣間見ることができます。今では絶滅してしまった品種の図版や、禁断の書といわれた「死の舞踏 ダンス・オブ・デス」の死体解剖書も公開されています。
 今どきちょっと珍しい古書展で、開催は25日まで。

|

« 冷え性にうれしい「イワタ」の羽毛ソックス | トップページ | 「Boutique! ファッションって何?アートと考える、その姿。」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60853974

この記事へのトラックバック一覧です: 19世紀までの博物画・ボタニカルアート展:

« 冷え性にうれしい「イワタ」の羽毛ソックス | トップページ | 「Boutique! ファッションって何?アートと考える、その姿。」 »