« 「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」展 | トップページ | 2015/16秋冬JFW-JC/PTJ 盛況の服地総合見本市 »

2014年11月27日 (木)

15/16秋冬尾州マテリアルエキシビション 紡毛が人気

 世界有数の高級毛織物産地といわれる尾州産地の「2015/16秋冬尾州マテリアルエキシビション」が、5-7日、東京・北青山テピアで開催され、過去最高の1,626名の来場者を集めて盛況でした。
 出展したのは同産地の15社で、2015/16秋冬の新作420点が出品され、トレンドエリアにはバリのネリー・ロディ社による3つのテーマで、服地160点と15点の製品が展示されました。
 全体に、紡毛のコート地が多くなっているのが特徴です。ウールの中でもケバがあってやわらかく温かい素材で、たとえばツィードやメルトンなど。カラー・ミックス糸や意匠撚糸、ダブルフェイス、異素材との複合、加工技術など多種多様、それぞれに各社得意の個性が打ち出されています。

 トレンドエリアで見られた素材のいくつかをピックアップしてご紹介します。

○ソフト・アンド・クラフト SOFT & CRAFT
Cimg89591  やわらかい暖かい色味で、冬の厳しさに立ち向かうのを助けてくれるようなイメージです。甘いものに敬意を表して、ハチミツやキャラメル色の淡い色調が見られます。

Cimg89641 Cimg89981
   みづほ興業             森織物
    弾ジャカード          ロービンググレンチェックジャカード

○フュチュリスティック・エレガンス FUTURISTIC ELEGANCE
Cimg89711  「禅」の精神を意識させる、ニュートラルな寒色に注目するグループ。ミネラルのようなライトグレーからカーボンブラックまで、コントラストのある2色または3色使いが中心。

Cimg89721jpg Cimg89771
    ソトージェイテック        ヒラノ
    ダンボールニット        シャドージャカードシャギー

○スポーティ・グラフィック SPORTY GRAPHIC
Cimg89831  スポーツとグラフィックな外観を結びつける、エネルギーにあふれたスタイルです。エレガントなビビッドカラーに白やベージュ、ネイビーを組み合わせて、和らいだ印象に。

Cimg89921jpg Cimg89951

    林実業               日本エース
    カラミボーダー           マトラッセドビー

|

« 「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」展 | トップページ | 2015/16秋冬JFW-JC/PTJ 盛況の服地総合見本市 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15/16秋冬尾州マテリアルエキシビション 紡毛が人気:

« 「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」展 | トップページ | 2015/16秋冬JFW-JC/PTJ 盛況の服地総合見本市 »