« 15年春夏ハウス オブ ホランド 70年代風ポップ満載 | トップページ | 15春夏ファクトタム スウェーデンに着想 60〜70年代風 »

2014年11月 3日 (月)

15年春夏ネ・ネット 日本の原風景を現代に

 カップルで共有できる自由なカジュアル服をコンセプトに展開している「ネ・ネットNe-net」が、MBFWT 2015年春夏コレクションで見せたのは、あっと驚く演出でした。
 モデルたちが履いているのは白足袋にサンダル下駄です。ランウェイは畳敷で、サンダルを脱いでウォーキングしたのです。

Imgp00861  日本では靴を脱ぐのは当たり前の習慣です。それをコレクションショーに採り入れるとは、このブランドらしい試みと感心しました。
 ブランドを手掛ける高島一精氏は、田舎に行って、現地の人々との触れ合いからモノづくりしているそう。普段着の着物をヒントにしたデザインや半纏のようなアイテム、巾着袋なども見られました。竹籠風な柄や、金魚、こけし人形、お面、動物など、日本の民芸品モチーフがちりばめられて、懐かしい日本の原風景を現代に浮かび上がらせていました。
Imgp00711_2 Imgp00751jpg_2 Imgp00911

 どこか70年代のケンゾーファッションを思わせる提案で、ホッとさせられたコレクションでした。

|

« 15年春夏ハウス オブ ホランド 70年代風ポップ満載 | トップページ | 15春夏ファクトタム スウェーデンに着想 60〜70年代風 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15年春夏ネ・ネット 日本の原風景を現代に:

« 15年春夏ハウス オブ ホランド 70年代風ポップ満載 | トップページ | 15春夏ファクトタム スウェーデンに着想 60〜70年代風 »