« バービーデビュー55周年記念「モード オブ バービー展」 | トップページ | オムニチャネル第2ステージは「おもてなし」がキーワード »

2014年8月12日 (火)

“ファッションはカルチャー” と捉えて発信を!

Cimg57461  先般のJFW-IFFで開催されたセミナーで、注目されたのが、ユナイテッドアローズ上級顧問クリエイティブディレクション担当の栗野宏文氏による「ファッションリテールのこれからの在り方」。ファッション業界のキーマンの登壇とあって、会場は満席、立ち見が出るほどでした。 

 同氏は、ご自身の持論でもある“ファッションはカルチャー”を基に、これからの小売りのあるべき姿について、次のように語られました。

 最近、危機感を感じていることは、二つ。一つは、どこに行っても似たものが多くなり、つくる側の心情が伝わってこないこと。低価格品は、今や衣料品市場の45%を占めるまでに膨らみ、ネット購入も増えているが、ファッションに対する客の気持ちは醒めている。買い物への高揚感も薄れているのでは。もう一つは、ファッションが目立ちたい服へ移っていること。「セルフィ(自分撮り)」が流行り、目立つことがファッションになっている。トレンドの使い捨てと、危惧している。
 しかしこのような価値観の変化を否定はしない。けれどファッションとは本来、感動を与えるものであったはず、と強調。服はもともと、たとえばピカソの絵のように、人生を変えるほどのインパクトを与えるものではなかったのかと。
 そして、これからのファッションビジネスに求められることは、つくって売る側が感動し、受ける客にもその感動を与えられるようなものを提供していくこと、と主張します。根底に流れているのは、カルチャーであり、ものづくりのストーリーで、その重要なキーワードとなるのが、「クオリティ」、「クリエイティビティ」、「エシカル」。
 たとえ有名ブランドでも、この思いがなければ切ると断言。有名無名を問わず、多少ハードルが高くても、デザイナーの強い表現力や個性のあるものを取り扱うといいます。実際、同社では、このところメジャーではないブランドの買い付けが増えているとか。また「エシカル」については、昨年スタートして好調なブランド「テゲ」に触れ、とくにアフリカのクラフトマンシップという文化を伝えていきたいとも。

 よく大きなトレンドがないと、言われますが、人はいつでも、それぞれ違う格好をしたいと思っています。だから今までになかったゾーンをつくっている業態は成功するのでしょう。青山の「コム・デ・ギャルソン」が、売り切れ続出というように。

 “ファッションはカルチャー”である、と捉えて、発信し続けることが生き残りへの道。イージーに甘んじることなく、勇気を出して、取り組んでいきたいものです。

|

« バービーデビュー55周年記念「モード オブ バービー展」 | トップページ | オムニチャネル第2ステージは「おもてなし」がキーワード »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60139077

この記事へのトラックバック一覧です: “ファッションはカルチャー” と捉えて発信を!:

« バービーデビュー55周年記念「モード オブ バービー展」 | トップページ | オムニチャネル第2ステージは「おもてなし」がキーワード »