« 和の新風を巻き起こすクラフトビール | トップページ | 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  »

2014年8月19日 (火)

石内 都展 ―幼き衣へ―と「背守り 子どもの魔除け」展

Cimg60431  写真家の石内 都さんが、背守りのある古い子どもの着物を撮影した写真展―幼き衣へ―と、実物の背守りを展示した「背守り 子どもの魔除け」展が、東京・京橋のLIXILギャラリーで、23日まで、開催されています。

Cimg60701  
 「背守り」とは、昔、母親が子供の成長を願い、着物の背中に施した飾り縫いです。背に縫い目のない子どもの着物は、背後から魔が忍び込むとされ、魔除けとして付けられたのですね。

 子を思うやさしい手仕事の数々は、本当に美しくカラフルで、驚きに満ちていました。
Cimg60671 Cimg60711
派手な着物に負けじと            襟下に縫い留められた藍染めの
付けられた大きな柿の背守り       絞りの歯切れ。着物は紅花染め

Cimg60271 Cimg60731
背守りの刺繍は熨斗目           短い2本の紐を下げた背守り
着物は木綿の藍染め         木綿の着物に背守りは毛織モスリン

 「百徳着物」というのも、初めて目にしました。子どもが生まれると、近所の人たちが布切れを持ち寄り、それを継ぎ接ぎしてつくった着物です。布切れ一枚一枚に徳が宿っているというので、百徳というそう。
Cimg60521 Cimg60561表は鮮やかな色合いの接ぎ縫い、       250枚もの歯切れで
裏は白一色の木綿。そこに経文や      パッチワーク
子の名前、出生日時が記されている      背守りは籠目刺繍

 明治から昭和初期のものが多かったようですが、今でもこのような風習が残っているのでしょうか。すばらしい日本の文化と思いました。

|

« 和の新風を巻き起こすクラフトビール | トップページ | 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60175871

この記事へのトラックバック一覧です: 石内 都展 ―幼き衣へ―と「背守り 子どもの魔除け」展:

« 和の新風を巻き起こすクラフトビール | トップページ | 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  »