« 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  | トップページ | 今秋もフレアスカートがファッションに »

2014年8月21日 (木)

「JAFICプラットフォーム2014」のフレッシュな新進ブランド

 日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)主催「JAFICプラットフォーム2014」が、東京・渋谷のカラート71で、先月末、開催されました。これは、大手・中堅アパレルとクリエイター企業が、交流を通じて新たなビジネスモデルを創出することを目的に行っている「出会いの場」イベントで、早くも4回目を迎えます。
 今回、出展したのは新進気鋭の32ブランドで、初参加も多かったようです。そのフレッシュな顔ぶれから、とくに注目した3社をご紹介します。

SHIROMA シロマ 
 ブランドを手掛けるのは、西家康隆さんと城間志保さん。2014/15秋冬は、「SACRED LIZARD聖なるトカゲ」をテーマに、プリミティブで神秘的なコレクションを発表しています。シルバー箔使いやエンボス加工、ぼかし染めなど、素材が何といってもユニーク! 生地は、プリントの特殊加工で恐らく日本一の、京都の久山染工とのタイアップ企画のものが多いそう。独特の質感ミックスで、大人の女性にふさわしい洗練されたエレガントな感覚を演出しています。
Cimg58481 Cimg58501







LINDA SATOSHITOYAMA リンダサトシトヤマ
Cimg58521  スウェットなどカジュアルなコンフォートウェアを見せるのが、デザイナーの外山聡さんと立石雅子さんが手がけるこのブランド。今秋冬は、「ア・カーブド・ラインa curved line」曲線を用いたカッティングを打ち出し、シンプルでありながら、着る人を魅力的に引き立たせる、品格を意識したコレクションを提案しています。
Cimg58531  中でもシグネチャー・モデルとなっているのが、オーガニックコットンのキャミソール、とくに肩にフリルリボンをあしらった女性らしいデザインのものが好評だそう。

5-knot. ファイプ・ノッ
 鬼澤瑛菜さんと西野岳人さんのご夫婦デザイナー共通の趣味という、サーフィンをベースにしたサーフブランドで、本拠地もメッカの茅ヶ崎、湘南からの発信です。サーフとはいえ、カジュアルになり過ぎないように、トレンドも採り入れながら、モード感と古着リメイクの価値観を組み合わせて、他にないオリジナルなものづくりをしているといいます。デニムも岡山・児島のものがメインで、ジャパン・クオリティにこだわっているとのこと。
Cimg58571_2 Cimg58631

|

« 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  | トップページ | 今秋もフレアスカートがファッションに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60186162

この記事へのトラックバック一覧です: 「JAFICプラットフォーム2014」のフレッシュな新進ブランド:

« 世界をアートで変えるフランス人アーティスト「JR展」  | トップページ | 今秋もフレアスカートがファッションに »