« キンフォーク誌「THE SHARED TABLE」企画展 | トップページ | 「七月七日展」“本質とはなにか”を探る »

2014年7月 6日 (日)

瑞々しいアガパンサスの花

 すっと伸びた茎に花火のような大きな花をつけるアガパンサスが、今が盛りに咲いています。紫陽花に代わって、最近、公園などで、よく見かけますが、何という花なのかしら、と思っていました。青紫色のものは、ムラサキクンシランともいうそうですが、クンシランよりもずっとたくましくて、どこでも育つ植物らしい。

  都心の鬱陶しい梅雨空を、瑞々しく彩るアガパンサスの花。
Cimg52311

|

« キンフォーク誌「THE SHARED TABLE」企画展 | トップページ | 「七月七日展」“本質とはなにか”を探る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59942270

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞々しいアガパンサスの花:

« キンフォーク誌「THE SHARED TABLE」企画展 | トップページ | 「七月七日展」“本質とはなにか”を探る »