« 「きりきりしやんとしてさく桔梗かな」 一茶 | トップページ | パリ独立記念日を祝うエッフェル塔花火は爆発?状態 »

2014年7月15日 (火)

「不思議な動き キネティック・アート」展

Cimg53651_2  今、東京・西新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で、「不思議な動き キネティック・アート - 動く・光る・目の錯覚 」展が開催されています。7日、内覧会が行われ、学芸員の江川氏の解説で、ご案内していただきました。

Cimg52691  キネティック・アートの一つ、オプティカルアート(略してオプアート)は、1960年代のファッションに大きな影響を与え、その後も繰り返し現れ、去年、大流行しました。そして今秋冬も形を変えて、デザイナー・コレクションの有力テーマになっています。 

 このオプアートを含む、キネティック・アートは、“動く芸術”といわれ、作品そのものに動きを採り入れたアートの総称です。大きく二つのグループがあり、一つは実際に動く作品、もう一つは動いているように見える作品です。前者は、風など自然の力や人力で、また電気モーターなどで動くもの、後者は目の錯覚を利用したり、見る人が視点を移動させたりすることにより、動いているように見えるものです。

 起源は20世紀初頭に遡り、機械文明に呼応する新芸術として登場し、大戦後の1960年代に、隆盛します。当時は科学技術にアートが接近した時代でもあり、幾何学的な動く抽象芸術として一世を風靡しました。

 本展では、とくにイタリアの作家を中心に、90点あまりの作品が、4つの章立てで展示されています。各章ごとに、注目作品をご紹介します。(写真はクリックで拡大)

第1章 視覚を刺激する―絵画的表現―
 目の錯覚を利用したオプアート作品です。ストライプや格子状の乱れのない幾何学図形で、見つめていると凹凸感が逆転して見えたりします。
Cimg52841 Cimg52921
 フランコ・グリニャーニ        ダダマイーノ 
「波の接合33」1968年      「ダイナミック視覚のオブジェ」1962年 
 油彩、キャンバス          アクリル、アルミニウム薄板

2章 干渉し合う線・形―さまざまな素材―
 視点を移動させると動いて見える作品。動くとモワレ効果が出たり、あるものがないように見えたり、立体に見えて実は平面だったり---。
Cimg53061 Cimg53101
アルベルト・ビアージ           エドアルド・ランディ
「光学的動力学」1962年         「視覚の構造」1962-72
ポリ塩化ビニ-ルのレリーフ、板     ゴムひも、着色した木

3章 不思議な光・動き
 電動で動く作品(床のボタンを踏むと動き出します)。影が動いたり、時間の経過とともに色や柄が変化したり、磁石で動いたり---。
Cimg53351_2 Cimg53421
ダヴィデ・ボリアーニ           ユーゴ・デマルコ
「全色彩no6」1967-76年      「3色の仮想のヴォリューム」1970年
ミクストメディア、モーター    アルミニウム、モーター、ブラックライト

Cimg53381 Cimg53361
 電動で左の丸い点が、右のように変わるのを楽しむ作品です。
  グルッポMID 「円形マトリックスの発生装置2」1966年 
  モーター、LED光、透明アクリル樹枝

4章 知覚を刺激する―立体的な表現―
 右から見ると赤、左からは青に見えたり、渦を巻いている感覚だったり---、3Dの奥行を感じさせる、立体の作品が中心。
Cimg53501 Cimg53531  
カルロス・クルスディエス         マルチェロ・モランディーニ
「色彩理学療法no.626」1972年      「構造208A」1974年
透明の薄板、着色した基底部         塗装した木

 見どころは、やはりPC以前の機械の温かみが感じられる、レトロなアナログ・テクノロジーの世界を堪能できるところでしょう。手で触わったり、スイッチを押したり、踏んだりして、実際に動かして楽しめるのも、魅力です。

 開催は8月24日まで。子どもたちと一緒に楽しむのも、夏休みの良い思い出になると思います。

|

« 「きりきりしやんとしてさく桔梗かな」 一茶 | トップページ | パリ独立記念日を祝うエッフェル塔花火は爆発?状態 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59998435

この記事へのトラックバック一覧です: 「不思議な動き キネティック・アート」展:

« 「きりきりしやんとしてさく桔梗かな」 一茶 | トップページ | パリ独立記念日を祝うエッフェル塔花火は爆発?状態 »