« 「イメージメーカー」展―その2 グードの三人の女神が踊る | トップページ | デュフィ展 絵筆が奏でる色彩のメロディー »

2014年7月19日 (土)

“えのすい”「ナイトアクアリウム」夜の海のファンタジー

 神奈川県の新江ノ島水族館“えのすい”も、早くも10周年を迎えるとか。そこでこの特別記念企画として、「ナイトアクアリウム」が開催されます。夏休みの明日から11月30日まで、時間は午後5時から午後8時までです。一昨日、内覧会が行われ、行ってきました。

Img_21231  この「ナイトアクアリウム」は、水族館では世界初といわれる本格的な「3Dプロジェクションマッピング」ショーです。これは、同館のパンフレットによれば、映像を貼りあわせて投影し、空間を歪ませ、光輝くなど、目の錯覚を利用した表現方法で、よりリアルで、体感性の高い映写方式だそう。

Cimg54971_2  館内に一歩踏み入れると、ウェルカムマッピングが始まり、夜の海に広がるファンタジーの世界に吸い込まれていきます。

 次に「生命の波」(写真右)。水槽から3Dの光る波があふれ出し、歩く人の足元は夜光虫のように輝きます。

Img_21411  最大の見どころがこれ。相模湾を再現した巨大水槽の前に出現する「深海世界のオアシス」です。
 ゆうゆうとエイが泳ぐ大水槽の、その生きた魚群の上を、光り輝く深海生物が水槽から抜け出してくるように見えたり、巨大な生き物が眼前に迫ってきたり---。

 現実と仮想空間の不可思議な融合が見せる、幻想的な深海世界に、思わず目を瞠ります。
Cimg55921
 またクラゲファンタジーホールでは「海月の宇宙」がリニューアル。美しく浮遊するクラゲを見ていると、癒されます。まさに別世界にやってきた気分です。
Cimg55741 Cimg55681







Cimg55431_2  さらに「しんかい2000の冒険」。これは2002年まで活躍した日本初の有人潜水調査船「しんかい2000」に、命を吹き込み、再び動き出すマッピングショー。

 他にもいろいろ楽しいショーや展示があります。たまにはこういうところで、涼んでみるのもいいのではないではょうか。

|

« 「イメージメーカー」展―その2 グードの三人の女神が踊る | トップページ | デュフィ展 絵筆が奏でる色彩のメロディー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/60009349

この記事へのトラックバック一覧です: “えのすい”「ナイトアクアリウム」夜の海のファンタジー:

« 「イメージメーカー」展―その2 グードの三人の女神が踊る | トップページ | デュフィ展 絵筆が奏でる色彩のメロディー »