« 「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展 | トップページ | 星野和彦写真展「巴里・いまむかし」に思う »

2014年7月 1日 (火)

2015春夏モーダ・イタリア/シューズ・フロム・イタリー展

 2015春夏のイタリアファッションを提案する「第45回モーダ・イタリア展/第55回シューズ・フロム・イタリー展」が、先月25日―27日、ウェスティンホテル東京で開催されました。

 出展社は、アパレル関連61社、レザー関連28社、シューズ関連68社の計157社。来場者は、モーダ・イタリア展に1.857名(1.217社)、シューズ・フロム・イタリー展に1.505名(946社)と発表され、盛会裏に終了した模様です。

 初日に行われた記者会見では、日本のアパレル製品輸入量に占めるイタリア製品のシェアは、今年第1四半期で前年同期比3.1%増(数量ベースで4.3%増)で、中国、ベトナムに次ぐ3位、また皮革や毛皮衣料では中国を抜いて1位となり、革靴も首位の座をキープしていることなどを挙げ、イタリアと日本の信頼関係を改めて強調。今後への期待感が示されました。

Cimg50031_2  この後、トレンドプレゼンテーションが披露され、クリエーティブディレクターのオルネッラ・ビニャーミ氏が、15春夏を「ソフトなエレガンスのシーズン。洗練された着心地のよい、着回しのきくモダンなスタイルで、伝統と革新の対照的な組み合わせがポイント」と解説。

 トレンドテーマとして、①「イージーシック」白やナチュラルカラーで、リネンやコットン素材が中心、②「スマートエレガンス」エレガントで都会的、グレーにブルーが目立つ色調で、異素材ミックス、③「フラワービューティ」フラワーパステルを主調に、レースや刺繍など、グレース・ケリーを喚起させるスタイル、④「グラフィックモダニティ」白/黒のグラフィック調で、③と正反対のようなテーマ、⑤「クロームエネジー」明るいエネルギーのあるカラー、とくに重要なのはグリーンで、ダイナミックな色柄使いに注目、の5つを挙げています。

 次にシューズの傾向について、イタリア靴メーカー協会トレンドコンサルタントのアルド・プレモリ氏が、「50〜60年代の地中海リゾートスタイル」をテーマに、映画「グレース・オブ・モナコ」にインスパイアされたシューズや、ロンドンのテートモダンで開催中の「マティス」展にヒントをとった強烈なカラーコントラストの“マティスカット”などを紹介。さらに肌を見せる楽しいサンダルも欠かせない、といいます。

 最後に、トレンドが総じて、機能から装飾重視へ移行している、と述べられるなど、興味深いプレゼンテーションでした。

|

« 「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展 | トップページ | 星野和彦写真展「巴里・いまむかし」に思う »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59916897

この記事へのトラックバック一覧です: 2015春夏モーダ・イタリア/シューズ・フロム・イタリー展:

« 「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展 | トップページ | 星野和彦写真展「巴里・いまむかし」に思う »