« オールドローズ香る「バラクライングリッシュガーデン」 | トップページ | 天然素材への回帰ムードへ 進化する綿改質加工 »

2014年6月15日 (日)

“今が旬”蓼科の高山植物

20140614154810imgp01441_3    蓼科高原で北八ヶ岳ロープウェイに乗り、一気に亜高山帯の溶岩台地、坪庭を散策してきました。縞枯れ現象による不思議なボーダー模様の縞枯山をバックに、彩りを添えているのが、今を旬とばかりに咲いている高山植物です。 

20140614153058imgp01161_2  岩場のそこかしこに見られるのが、ピンクの小さな花をつけたイワカガミ。花びらの先端が細かく裂けて小刻みに震えているのが、何とも可憐で愛らしく見えます。
 葉に光沢があって、手鏡の形に似ていることから、この名が付けられたとか。

20140614154004imgp01321_2  地面を這って広がるのは、草ではなく木です。ミネズオウというツヅジ科の植物で、もの寂びた感じの白い花が、一面をおおうように咲いているのが印象的です。

|

« オールドローズ香る「バラクライングリッシュガーデン」 | トップページ | 天然素材への回帰ムードへ 進化する綿改質加工 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “今が旬”蓼科の高山植物:

« オールドローズ香る「バラクライングリッシュガーデン」 | トップページ | 天然素材への回帰ムードへ 進化する綿改質加工 »