« 「コロモ・バイ・デコ・スガイ」京都にショップオープン | トップページ | ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション展 »

2014年5月 8日 (木)

伊勢神宮に初参拝!

 伊勢神宮は、地元の方は「お伊勢さん」と呼んで親しんでいるのですね。実は先日、この近隣に在住している伯母に誘われ、初めて伊勢神宮を訪れ、参拝しました。

Cimg36251  江戸時代、「お伊勢詣り」といって、一生に一度は参拝したいと願った伊勢神宮。お辞儀して鳥居をくぐると、参道沿いの木々の枝葉から玉砂利まで、霊験あらたかなものに思えてくるから不思議です。
 
 昨年は、ここお伊勢さんの20年に1度の「式年遷宮」と出雲大社の60年に1度のそれとが重なって、遷宮ブームに湧いた境内ですが、今年はゴールデンウィークというのに、人影はまばらで割合静かでした。行列もなく、落ち着いて参拝することができました。

Cimg36001_2  
 順序通り、最初に外宮(げくう)、次に内宮(ないくう)<写真上>を参詣します。いずれも正宮の内部には入れず、また写真撮影も禁止で、少し残念でした。正式参拝というわけではありませんので、仕方がないですが----。

Cimg36061  でも正宮とともに新築された、正宮の次に格式の高い、外宮の多賀宮と、内宮の荒祭宮<写真右>は、写真OKでした。木の香りが漂う白木のお社は実に簡素なつくりです。中には特別なものは何もありません。
 この他に、まだ14あるという別宮も、同様に、格の高い方から順番に建て替えられるといいます。

  それにしても神様は、20年ごとに新しい住まいへお引越しになるとは!
 それが1300年も前から続く伝統の行事なのです。神様は新しいものが大好きと考える、日本人の新しいもの好きはここから始まっていたのですね。そしてこの精神が、日本のモノづくりを絶えず進化させてきたといえるのでしょう。
 新しいモノへの好奇心、失いたくないですね。
 
 参拝を終えて、お抹茶をいただいたり、お能を見たり、お茶室を見学したりして、「おかげ横丁」へ入ると、そこはお祭り騒ぎのにぎやかさ。
Cimg36391
 「神恩太鼓」のパフォーマンスもあり、久しぶりに楽しませていただいた一日でした。

|

« 「コロモ・バイ・デコ・スガイ」京都にショップオープン | トップページ | ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮に初参拝!:

« 「コロモ・バイ・デコ・スガイ」京都にショップオープン | トップページ | ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション展 »