« ユニバーサルファッション:進む大学のデザイン開発 | トップページ | 「ニコラ ビュフ」展 西欧古典と和製ゲームのファンタジー »

2014年5月28日 (水)

防災対策にもおしゃれな街着にも着用できるウェア

 先般の服飾文化学会大会で、相模女子大学生活デザイン学科専任講師の角田千枝先生が、昨年に続き、防災服兼用の街着をコンセプトにした、新しい作品を発表されました。

 今回のウェアは、火災と水害対策を意識して、改良を加えたコートとワンピースです。ポイントは、水害対策用の浮き袋を装着していることと、火災時の煙の吸い込み防止に重点を置いたデザイン。また素材も、前回に比べ、よりソフトな薄地になり、軽くて着心地がよくなっています。その上遭難時に発見しやすい反射素材が用いられていることも大きな特徴です。
Cimg40951  
Cimg40701  浮き袋は肩ヨーク部分に納められていて、軽く、取り外しやすいように、改善したといいます。このアイディアは、とくに子ども服におすすめ、と思いました。

Cimg40801  襟は変形させることで、マスクと同様の効果が得られるデザインになっています。煙だけではなく、埃や花粉など、平時にマスクが必要な場面にも使えるアイディアです。

 来年は、火災保険料が値上がりするといいます。それだけ自然災害が増えて、収支が悪化しているのですね。
 災害に備えて、一人ひとりが身を守る意識を持つことが大切になっています。おしゃれに着用でき、その上防災服としての機能も備わった衣服の提案は、その有効な手段の一つになるでしょう。 

|

« ユニバーサルファッション:進む大学のデザイン開発 | トップページ | 「ニコラ ビュフ」展 西欧古典と和製ゲームのファンタジー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59726714

この記事へのトラックバック一覧です: 防災対策にもおしゃれな街着にも着用できるウェア:

« ユニバーサルファッション:進む大学のデザイン開発 | トップページ | 「ニコラ ビュフ」展 西欧古典と和製ゲームのファンタジー »