« シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 | トップページ | 2015春夏尾州産地素材展 「ヘルシー」をコンセプトに »

2014年4月28日 (月)

鎌倉の遺構 まんだら堂やぐら群を訪ねて

 新緑が美しい一日、鎌倉と逗子の間にある名越へハイキングして、まんだら堂やぐら群に行ってきました。
Cimg35531

 ここは、鎌倉時代につくられた「やぐら」という葬送の遺構がある場所です。「やぐら」とは、当時の身分の高い人々のお墓で、岩に横穴を掘って、そこに五輪塔などの供養塔などを安置した納骨施設です。横穴は150穴も確認されているそうで、これだけまとまった数のやぐらが見られるのは、鎌倉市内では珍しいといいます。
Cimg35811  
Cimg35831  普段は閉鎖されているところなのですが、連休とあって、特別公開されていました。

 係りの方に伺うと、ここには火葬場の跡もあり、ときに人骨も発見されるのだそうです。
  
Cimg35621_2  そして実際にやぐらの中に納められていたという、石を積み上げた五輪塔を4つに分解して、石の下にあるお骨を入れた窪みを見せてくれました。
 というとおどろおどろしく、恐ろしげですけれど、緑に包まれた一帯は、明るく爽やかです。

  展望台からは小坪の海も見下ろせます。

Cimg35451_2
Cimg35721 Cimg35781

 諸葛菜とか、またハマダイコンとかいう、菫のような花が咲き誇っていました。

|

« シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 | トップページ | 2015春夏尾州産地素材展 「ヘルシー」をコンセプトに »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の遺構 まんだら堂やぐら群を訪ねて:

« シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 | トップページ | 2015春夏尾州産地素材展 「ヘルシー」をコンセプトに »