« 第2回綿織物産地素材展 帯の芯地を洋装に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA »

2014年4月22日 (火)

「ここのがっこう」引越し祝い 夢いっぱいのCOCOAと共に

 「ここのがっこう coconogacco」は、“リトゥン・アフターワーズ”を手掛ける山縣良和さんが主宰するファッションデザイン学校です。このほどこの学校が、東京・内神田に移転することになり、19日、引っ越しパーティが、ワイワイがやがや、にぎやかに開かれました。

 目を見張ったのは、福岡の分校COCOA の学生たちによる夢のある作品展示です。デザイナーを志すパワフルな息吹がいっぱい! ファッションする楽しさを、思いのたけぶつけてくる、そのパワーに、圧倒されました。 

 そのいくつかの作品と作者をご紹介します。
Cimg34501

Cimg34511 1  上の写真は、「不思議の国のアリス」のよう。制作したのは、やながゆうこさん。
 元々織物づくりに興味があって、機織りを学びながら、服のデザインに取り組まれています。コツコツ織られたというカスリが、こんなにも楽しい作品に仕上がるとは! 若いってすばらしい。

Cimg34591

Cimg34561  妖精の森のようなセットをバックに、手編みのファンタジーを見せてくれたChie Arakawaさん(写真上の真ん中)。ドレスをまとう背の高いお友達二人に囲まれて。



Cimg34701_2
Cimg34741_3  身近にある材料を使ってリ・クチュールしているのは、弘中裕美子さん(写真上)。
 ご自身がデザインしたファンタジックな衣装を着けて、かわいいキャビンに座ってボーズしてくれました。かぶっている帽子は、プラスティックのカゴでできています。

 右は何と洗濯バサミをあしらったタンクトップ。

 デザイナーの卵たちに、ファッションの未来を感じた一夜でした。

|

« 第2回綿織物産地素材展 帯の芯地を洋装に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59521711

この記事へのトラックバック一覧です: 「ここのがっこう」引越し祝い 夢いっぱいのCOCOAと共に:

« 第2回綿織物産地素材展 帯の芯地を洋装に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA »