« テキスタイルネット2014-15秋冬素材展 | トップページ | 「Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2014」グランプリ決定 »

2014年4月 6日 (日)

「こだわりの布」2015展示商談会

 今季も、国内10府県を代表する、匠の技を持つ企業によるテキスタイル合同展、「こだわりの布」2015展示商談会が、この3月27-28日、東京・南青山で開催されました。
 日本の風土に合った新しい生地が次々と提案される中、今回とくに気になったものをご紹介します。

○高橋織物(滋賀県)
 綿100%だけでなく、テンセル混にも力を入れるなど、「高島ちぢみ」を進化させています。とくに美しいのが、繊細なコードを表現したエンボス加工によるファインな超強撚織物。その抜群の伸縮性に驚かされます。
Cimg31401 Cimg31421


 
島田製織(兵庫県)
 綿糸の超細番手使いによるシルキーな先染めが、新鮮です。
Cimg31511Cimg31621

光沢のある綿シャンブレーに       カスリ糸を走らせて微妙な
キャッチワッシャー加工で         変化をつけたチェック
つまんだようなシワ感を出したもの

○カナーレ(愛知県)
シャネル調やフリンジ使い、ラメ入りなど、工夫を凝らしたファンシーツイードが楽しい。中でも今季の人気は、かご編みのようなバスケット織だそう。
Cimg31491Cimg31471

ナイロンでラフィア風の織物         見た目も伸縮する感触も
光沢加工を施し、まるで皮革のよう    ニットのようなリネンツィード

|

« テキスタイルネット2014-15秋冬素材展 | トップページ | 「Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2014」グランプリ決定 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こだわりの布」2015展示商談会:

« テキスタイルネット2014-15秋冬素材展 | トップページ | 「Tシャツ・プリント・デザイン・コンテスト2014」グランプリ決定 »