« 2014-15秋冬「アシードンクラウド」展“少年場”物語をもとに | トップページ | 「消費者はコットンのクオリティを求めている」 »

2014年4月17日 (木)

2014秋冬「Bodcoボッコ」リラクシングウェア展示会

 今、ルームウェアのようなファッションが人気を集めています。パジャマやガウンなどをスポーティなデザインにアレンジしたものですが、川田剛さんが手掛ける「Bodcoボッコ」のコレクションは、ルームウェアというよりも、おしゃれなリラクシングウェアです。ここにはいつも着心地がよくて、街中でさらっとカジュアルに着こなせるアイテムが揃っています。 

 今シーズンで10シーズン目を迎えたボッコ。先週、東京・渋谷で展示会を開きました。
Cimg33981
Cimg33921_2  スマイルコットンの定番に加えて、ダブルニットのスウェットウェアが充実、インディゴ染めの新作(写真左)も発表しています。
 またジャージーに布帛のストライプシャツ地を組み合わせたデザインも目新しく映りました。さらに長短の丈を重ね着しているように見せかけたトロンプロイユも新鮮です。クロップトトップを上に着て、下のロング丈シャツの裾を出したり、カフスやバンツの裾からはみ出させたり。人気のコーデやディテールが随所に採り入れられています。

 
Cimg33931  カラーはネイビーとグレーが中心で、ブライトなオレンジを効かせたシリーズ(写真右)もあり、全体を明るく楽しいムードに盛り上げています。

 
 最近は通販カタログやWEBサイトでの販売も広がり、ビジネスは好調の様子。今後の展開、ますます期待しています。

|

« 2014-15秋冬「アシードンクラウド」展“少年場”物語をもとに | トップページ | 「消費者はコットンのクオリティを求めている」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59493617

この記事へのトラックバック一覧です: 2014秋冬「Bodcoボッコ」リラクシングウェア展示会:

« 2014-15秋冬「アシードンクラウド」展“少年場”物語をもとに | トップページ | 「消費者はコットンのクオリティを求めている」 »