« 「ここのがっこう」引越し祝い 夢いっぱいのCOCOAと共に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その2                 デイウカ divka“ズレ”をテーマに »

2014年4月23日 (水)

2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA

 「ネストプラスアンビアンスNest+plus ambiance」の2014-15秋冬向け展示会が1〜3日、東京・代官山で開催されました。東京コレクションでもおなじみの、新進気鋭のファッションデザイナーブランド、36社による合同展で、周辺の4会場に分かれての出展でした。

 実は私はこの時期、大変忙しい日々を送っており、全部の会場を回りきれませんでした。そこでほんの一部だけになりますけれど、遅ればせながら、取材したブランドの今季コレクションをご紹介していきます。

 まずイン プロセス バイ ホール オーハラIN-PROCESS BY HALL OHARAから。
Cimg32651_3 2_6









 ランウェーショーのときには行けなかったのですが、今回、この展示会でデザイナーの大原由梨佳さん(写真上)にお会いすることができて、うれしかったです。

 コレクションのテーマは「BUBBLES」で、これは単なる「泡」のことと思いましたら、実は「夢と現実の狭間に漂う、泡のようにこわれそうな幻想空間」のことだそう。眠りに落ちる前に空想にふけることがよくありますが、今シーズンはその世界観を表現したといいます。
 
 これをよく表しているのがプリントです。現実に見る夕焼けや月明かり、森や花、落ち葉、水車小屋、そしてフクロウなどといった動物に、ジグザグや格子など抽象柄を組み合わせて、幻想的な世界を映し出したものが、目につきます。

 全体にどこか英国カントリーの情緒を感じさせる、心安らぐイメージです。色使いも秋らしい色調だったり、水彩画のようだったり。
 
Cimg32671_4 Cimg32661_6  写真左は、大きな丸い月の中に浮かぶ、妖精のような森の少女たちを描いたプリントのドレスです。
 英国唯美主義の絵画にでもありそうなヴイジュアルですね。
 
Cimg32691_2  またコラージュの手法によるものも。右はパッチワーク調のプリントのドレスです。
 
Cimg32721  シルエットは、ウエストを締めつけないカクーン調であったり、後見頃にドレープを出したり、ラグラン袖も多く、リラックスした、シンプルで着やすいユニバーサルなデザインです。
 
 小粋でカッコよくって、これならヤングからシニアまで、幅広い層に受け入れられそう。今後が楽しみなブランドです。

|

« 「ここのがっこう」引越し祝い 夢いっぱいのCOCOAと共に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その2                 デイウカ divka“ズレ”をテーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA:

« 「ここのがっこう」引越し祝い 夢いっぱいのCOCOAと共に | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その2                 デイウカ divka“ズレ”をテーマに »