« 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド »

2014年4月24日 (木)

2014-15秋冬Nest+plus ambiance その2                 デイウカ divka“ズレ”をテーマに

 「ネストプラスアンビアンスNest+plus ambiance」展に、以前このブログでご紹介した「ディウカ divka」が出展していました。
Cimg32781
 ブランドを手掛けるファッションデザイナーの田中崇順さんと松本志行氏によると、今シ―スンのテーマは「distance(ズレ)」。服を制作する過程で生じるズレに焦点を当て、その新しい可能性に挑戦したといいます。

Cimg32771_3  たとえば服を間違えて着てしまったときなどに出来るドレープの形が、デザインのヒントになるといい、またパターンに切れ込みを入れて独自のドレーピングを生み出したり、シルクスクリーンプリントの工程で生じた歪みを積極的に活用したり----。

 写真左は、布を肩でさり気なくねじってとめた、といった感じのドレス。


Cimg32801  写真右は、 水彩画のタッチと花の写真を組み合わせたシルクスクリーンプリント。

 写真下は、書を解体して、アブストラクトな筆致で、大胆に仕上げたインクジェットプリントのドレス。

Cimg32831_2
 服作りの視点をずらし、少し離れたところから発想したという、実験的ともいえるコレクションですが、素材も色使いも、洗練されていて、大人のエレガンスを感じさせます。
 軽やかで着心地もよさそう。次のシーズンも期待しています。

|

« 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59528731

この記事へのトラックバック一覧です: 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その2                 デイウカ divka“ズレ”をテーマに:

« 2014-15秋冬Nest+plus ambiance その1                英国の郷愁を誘う IN-PROCESS BY HALL OHARA | トップページ | 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド »