« 2014-15秋冬コレクション「アンリアレイジ」気温調節する服 | トップページ | 「こだわりの布」2015展示商談会 »

2014年4月 5日 (土)

テキスタイルネット2014-15秋冬素材展

 テキスタイルネットの2014-15秋冬素材展が、「日本の素材と技術を発見!」のキーワードで、3月26-27日、東京・原宿ラフォーレで開催されました。
 出展した20社の中で、注目した3社の新作生地をご紹介します。

 
桑村繊維
 ギンガムチェックやストライプなど、「糸・染・加工」にこだわったカジュアル商品を展開。
Cimg31271_2
Cimg31201_3  とくにエジプト綿のギザ88という最高品種の原綿を使った100番手という超細番手糸使いの先染めが魅力。
 また理想の温度帯を保持するという、アウトラスト加工のシャツ地(左の写真)も訴求している。

ダックテキスタイル
 綿厚地織物に特化したジーンズテキスタイル専門商社で、今シーズンは表面感のある小柄ジャカードデニムが人気という。
Cimg31301Cimg31351




中商事
 南仏プロバンスプリントの老舗ブランド、ヴァルドロームValdromeを販売している。これはソレイアード、レゾリヴァードに並ぶプロバンス三大ブランドの一つ。
 下記は同社が60番手綿ローンに別注プリントしたものだそう。ふんわりと軽く、透け感がある。ラミネート加工やキルト加工のものも好評の様子。
Cimg31111Cimg31161

|

« 2014-15秋冬コレクション「アンリアレイジ」気温調節する服 | トップページ | 「こだわりの布」2015展示商談会 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テキスタイルネット2014-15秋冬素材展:

« 2014-15秋冬コレクション「アンリアレイジ」気温調節する服 | トップページ | 「こだわりの布」2015展示商談会 »