« 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド | トップページ | シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 »

2014年4月26日 (土)

2014秋冬プリスティン展示会 カモミールの花に誘われて

1  オーガニックコットン製品を製造販売しているプリスティンが、2014秋冬もの展示会を、16〜18日、東京・同社本社で開催しました。案内状はカモミールの花が描かれた栞になっています。その可憐なイラストに誘われて、見に行ってきました。

 
 テーマは「軽く、あたたかく、気持ちよい」です。ウェアからベッドまわりの新作が展示され、温もりのある冬の暮らしが提案されています。
Cimg34471

Cimg34361_2  会場の窓辺を飾っていたのが、栞にあったやさしいカモミールの花を裾にプリントしたシャツやドレスです。 
 オーガニック綿100%のボイルで、透ける素材ですが、裏には透けないキャミソールが付いていますから、安心して着られます。柄を生かしたシンプルなAラインで、上品でエレガントに着こなせそう。

Cimg34381_2  また、東北支援プロジェクトから生まれたアイテムもたくさん展示されていました。右は東北の“グランマ”たちによる手編みレースのフリンジをのせたシリーズです。

 
Cimg34461_2

 とくに今回、注目されたのが、ざっくりと織られたヤク混のストールやひざ掛け(左写真)。秋口から重宝しそうです。

 
 この他、ダブルガーゼやフエルトタッチのしなやかな起毛地のもの、冷え取り効果のあるシルク混の一連など---、素材開発にますます力を入れている様子がわかります。
 
 それにしても白と生成りだけで、こんなにも魅力的なオーガニックコットン・ワールドをつくり出しているとは! いつも思うことですが、本当にすばらしい、と改めて感銘しました。

|

« 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド | トップページ | シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014秋冬プリスティン展示会 カモミールの花に誘われて:

« 2014-15秋冬Nest+plus ambianceその3 注目の若手ブランド | トップページ | シキボウ展示会「ここちいい」テーマにエアコン繊維新開発 »