« 第1回「ファッションワールド東京」―その①下町のプリント屋 | トップページ | 「ファッションワールド東京2014」業界トップ基調講演-(1) »

2014年4月12日 (土)

第1回「ファッションワールド東京」―その②「すべらん肩」

 胸の開きが大きい下着をハンガーにかけると、ズレ落ちることがよくあります。こんな悩みを解決してくれるハンガー用滑り止め、「すべらん肩」を、「ファッションワールド東京」で見つけました。

Cimg32601  開発したのは、東京都千代田区の㈱サイマン(斎鏝)で、ハンガーの肩口部にこの「すべらん肩」をつけると、極端にハンガーを傾けても、また振っても、服は落ちてきません。厚さ1ミリの肉薄加工のカバーですので、凹凸が目立たず、すべての生地に対応できるというスグレもの。素材はよくあるウレタン樹脂ではなく、医療用のプラスティック系ゴムで、酸化防止剤をまったく使用していないので、丈夫でホコリをよせつけず、リサイクルも可能だそう。

 「肩が大きく開いたドレスが流行ったときに、アパレルのデザイナーから、ドレスが落ちないハンガーを依頼されて研究を始めた」といいます。

 第二弾としてスカート用の「グーバースカット」というハンガーも新開発。スカート用というと、クリップがついていますが、これはクリップを使わずに、スカートが下げられる、指の力がほとんどいらないハンガーです。スカートを掛けて、ボタンを押すと、その瞬間すべり止めの付いたバーが両サイドに出てきて、すべり止め効果が働き、振っても落ちません。
Cimg32621_2
 これがあればクローゼットの中で、服が落ちず、きれいにセットできます。大手アバレルではすでに多数が採用していて、「ファッション界にセッティング革命が起こるかも」と言われているそうです。
 市販も少しずつ進んでいる様子で、アイディア商品と、感心しました。

|

« 第1回「ファッションワールド東京」―その①下町のプリント屋 | トップページ | 「ファッションワールド東京2014」業界トップ基調講演-(1) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59478029

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回「ファッションワールド東京」―その②「すべらん肩」:

« 第1回「ファッションワールド東京」―その①下町のプリント屋 | トップページ | 「ファッションワールド東京2014」業界トップ基調講演-(1) »