« 「大江戸と洛中 ~アジアの中の都市景観~」展 | トップページ | ファッション合同展「プラグイン」―その2 »

2014年4月 9日 (水)

ファッション合同展「プラグイン」―その1

 ファッションの合同展示会「プラグインPLUG IN」が、この3月27?28日に渋谷ヒカリエホールで開催されました。主催する繊研新聞社によりますと、同展は第17回目で、出展社は146社、161ブランドに増え、その内、初出展社が66社とのことです。新規出展社がこれほどにも多くなったとは! 浮き沈みの激しいこの業界ですが、リスクを投じる新たな若い活力が続々誕生しています。殻を打ち破り、前に前にと前進しようという、フレッシュな意欲を感じた空間でした。

○CHAOLU lab(カオルラボ)
Cimg30671 Cimg30661_2  作り手の気持ちが香りを通して伝わってくるようなブランドです。カオルラボのカオルは「香り」のことだったのですね。
 自然素材中心のさりげないシンプルなデザインですが、素材の組み合わせやディテールの扱いが洗練されていて、とにかく巧みなつくりです。よく見ると裏の裏まで細部にこだわっているのがわかります。

Ventriloquist(ヴェントリロクィスト)
 今シーズンも、まろやかでやさしげな商品が並んでいます。
Cimg30701テーマは「二面性」で、  新作は、レースとやわらかいベビーアルパカのニードルパンチ素材でつくられたストールやコート。“腹話術師”という意味の言葉をブランド名にしているように、素材にも二面性を持たせているようです。

Cimg30791
 またこのブランドの定番バッグ、ガマ口型のバッグは、昭和レトロなテイストが人気。今季は、皮革テープをカゴ状に編み組みしたものをお披露目されていました。


○Modern Times (モダンタイムズ)
 スエットが人気を集める中で、注目したのが、このブランドが打ち出していたスエットウェア。
Imgp80781  希少な吊り編み機による裏毛で、ふんわりと軽いボリューム感が着心地よさそう。
 コンセプトは「スローライフ」で、ブランド名は、チャプリンの映画のタイトルから名付けたといいます。

|

« 「大江戸と洛中 ~アジアの中の都市景観~」展 | トップページ | ファッション合同展「プラグイン」―その2 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファッション合同展「プラグイン」―その1:

« 「大江戸と洛中 ~アジアの中の都市景観~」展 | トップページ | ファッション合同展「プラグイン」―その2 »