« PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 | トップページ | PV2月展 小松精練で天然染料染め合繊素材発表 »

2014年3月 2日 (日)

PV2月展 小松精練のグランプリ受賞素材「ムニュ」

Cimg2303komatsu1_2  この2月開催のパリのプルミエール・ヴィジョン(PV)に出展していた小松精練のブースで、昨年「PVアワード」グランプリを受賞した素材によるコート(写真右)が展示されていました。

 受賞素材は、8ミリもの厚みのある低反発スポンジを、織柄プリントの薄地ニットでサンドイッチした三層構造のもの。話題沸騰のこの素材でしたが、服地としてどう使われるのかと、気になっていました。けれど、これを見て納得です。これほど厚いのに軽くて温かそうで、それほどガバつくこともないようです。
 
Cimg2305komatsu1  デザイナーの梶原加奈子さんによると、厚さを半分にして使いやすくし、今秋冬から「ムニュMUNEW」のブランド名で、展開されていくとのことです。“むにゅっ”とした感触そのままの命名が、何とも楽しい!

 
 日本のイノベーションが、こうして量産化される運びになり、大変うれしく思ったことでした。

|

« PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 | トップページ | PV2月展 小松精練で天然染料染め合繊素材発表 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PV2月展 小松精練のグランプリ受賞素材「ムニュ」:

« PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 | トップページ | PV2月展 小松精練で天然染料染め合繊素材発表 »