« PV2015春夏 ショーワの超薄地コットンのプリーツ加工 | トップページ | PV2015春夏 気品のある日本のレースに注目 »

2014年3月 6日 (木)

PV2015春夏 日本企業のプリント生地が人気

 パリのプルミエールヴィジョン(PV)では、日本製プリント生地も人気です。プリントを主力とする日本企業のブースは、いつ行っても商談で熱気にあふれていました。
 売上げも大きく伸ばしているようです。これには円安と、多品種、小ロット、短納期という利点も手伝っています。しかしそれ以上に評価されたのが、ファッション感度の高さです。

 その注目のプリント生地をご紹介します。

110hokkoh1_3
 写真上は、北高のやわらかい筆のタッチを感じさせるプリント柄。今シーズンはこのようなソフトで優しい色使いがトレンドとなっています。リップル地など、表面に凹凸をつけた生地にプリントするなど、下地も工夫されています。

Cimg2369hokko1  北高では、写真右のインディゴプリントも好評だそう。日本的な柄が広がっている様子です。


 

 コッカでは、“東京カワイイ”をテーマに、楽しい動物のモチーフがヒットしているとのこと。
 今季は、あちらこちらで魚や貝からトンボなどの昆虫まで、様々な動物たちを描いた柄が目立つシーズンです。これもこの流れに上手に乗って出ているのでしょう。
Cimg2213kokka1Cimg2216kokka1

|

« PV2015春夏 ショーワの超薄地コットンのプリーツ加工 | トップページ | PV2015春夏 気品のある日本のレースに注目 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PV2015春夏 日本企業のプリント生地が人気:

« PV2015春夏 ショーワの超薄地コットンのプリーツ加工 | トップページ | PV2015春夏 気品のある日本のレースに注目 »