« 2015春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | 2014-15秋冬コレクション ユキトリイの小粋な「パリシック」 »

2014年3月17日 (月)

2014桐生テキスタイルプロモーションショーは楽しさいっぱい

 桐生産地の素材展、「2014桐生テキスタイルプロモーションショー」が、和装部門8社、テキスタイル部門26社の計34社が参加して、この12-13日、東京・北青山のテピアで開催されました。
Cimg26431

 総合テーマは、ジャズ用語から「クール・ストラッティンCool Struttin(オシャレに歩く、の意)」です。このテーマに合わせて、各社思い思いに、ワクワク、ドキドキ、楽しさいっぱいのコレクションを発表されていました。

 テキスタイル部門で、とくに注目された企業を3社ご紹介しましょう。

Tex.Box
 とにかく「楽しい布地をつくりたい!」と、ニードルパンチに情熱を燃やされているメーカーです。針を使って、毛糸や生地を埋め込んだ柄は、実に大胆。色使いも楽しくてカラフルです。
Cimg26091 Cimg26161_2
 
 デニムにアップリケのような    布にシワをよせてニードルパンチ。
   ニードルパンチ。            3D効果をもたせた花柄。
 
Cimg26111_2  右はリネンのニードルパンチ。




Cimg26141_2  

 左は子ども服を布地に閉じ込めたファブリック。
 こんな風に衣服もニードルパンチできるとは! 目がテンになりました。

 これは今回の展示会用に特別につくられたものだそう。まさに匠の技、クラフトアートの世界です。

下島
 ドビー織りを得意とする機屋で、190cmの織幅のものまで可能とか。
 今シーズンは、先染めチェックでも、コラージュのような大きい柄がよく動いているそう。ポンポンと玉を散らせた表切りも好評とのことでした。
Cimg26271Cimg26331

Cimg26281









 またサッカー調の凹凸感を表現したものも人気といいます。

 


松井ニット技研
Cimg26211_2  今回は、マルチカラーストライプのラッセル編みマフラーに加えて、新作のゴルフウェア(左の写真)を出品されていました。これまでのものよりも厚地で、温かそう。

 また、今月は中小企業庁から「がんばる中小企業300社」に選ばれて、表彰されたとのことです。本当におめでとうございます !! Cimg26181

|

« 2015春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | 2014-15秋冬コレクション ユキトリイの小粋な「パリシック」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014桐生テキスタイルプロモーションショーは楽しさいっぱい:

« 2015春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | 2014-15秋冬コレクション ユキトリイの小粋な「パリシック」 »