« PVメゾン・デクセプション 伝統を現代に継承 注目の工房 | トップページ | PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 »

2014年2月28日 (金)

PVメゾン・デクセプション “天女の羽衣”天池合繊

 プルミエールヴィジョン(PV)のメゾン・デクセプションで、現代的な技術を開発しているグループ9社の一角で、光を放っていたのが、日本の天池合繊です。超極細ポリエステル織物「天女の羽衣Super Organza」を開発し、世界に知られる存在となっています。

 今シーズンは、とくに7デニールの「天女の羽衣」に、メタリックな光沢感が美しいチタン加工を発表していました。
Cimg2225amaike1Cimg2220amaike1

 エンボス加工にチタン加工。    ちりめんにチタン加工。

 
Cimg2226amaike1  グレーとオレンジのシャンブレーにチタン加工。オレンジが炎となって浮かび上がって見えます。
 
 このほか、シルク使いの透けるサテンストライプにグラデーションプリントなども。

 
 ホログラフィックな「天女の羽衣」は、未来感覚たっぷりです。今シーズンもバイヤーの関心を一身に集めていました。

|

« PVメゾン・デクセプション 伝統を現代に継承 注目の工房 | トップページ | PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVメゾン・デクセプション “天女の羽衣”天池合繊:

« PVメゾン・デクセプション 伝統を現代に継承 注目の工房 | トップページ | PVプリュリエル2月展 世界のファッションを動かすパワフルな原動力 »