« パリ「テックスワールド」開幕 CCI国際綿花評議会も出展 | トップページ | プルミエールヴィジョン開幕 皮革展傘下にさらなる国際化 »

2014年2月18日 (火)

パリのメルシーで「アンティーク・リボン」展

 パリのメルシーは、ライフスタイルショップですが、美術館のように企画展を開催していて、毎回行くのが楽しみなスポットです。
Cimg1911merci1jpg
 今回は「アンティーク・リボン」展が行われていました。コレクションは、18世紀末以降にSaint-Etienneの工房で製作されたリボンのサンプルや色見本帳、カタログなどで、初公開とのことです。 

Cimg1908merc1i  リボンはモードに欠かせない装飾品で、第一次世界大戦前までは、30,000人もの人々がこの仕事に携わっていたといます。

 

 これらのリボンは、販売もされています。1シートで、10ユーロくらいからあります。
 プルミエールヴィジョンの期間中は、夜21時まで開店しているとのことですが、この日も人でいっぱいでした。

|

« パリ「テックスワールド」開幕 CCI国際綿花評議会も出展 | トップページ | プルミエールヴィジョン開幕 皮革展傘下にさらなる国際化 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/59163102

この記事へのトラックバック一覧です: パリのメルシーで「アンティーク・リボン」展:

« パリ「テックスワールド」開幕 CCI国際綿花評議会も出展 | トップページ | プルミエールヴィジョン開幕 皮革展傘下にさらなる国際化 »