« 「モードの身体史―近世フランスの服飾にみる清潔・ふるまい・逸脱の文化」内村理奈著 | トップページ | “江戸の粋”守り続ける「竺仙」展示会 »

2014年1月14日 (火)

鎌倉の山郷を彩る佐助稲荷神社

Imgp00091_2  初連休の一日、鎌倉の大仏ハイキングコースを歩いて久しぶりに佐助稲荷神社をお参りしました。
 急な坂を下りると、緑の中に朱色ののぼり旗が目に入ってきます。どこか張りつめた霊気を感じる場所です。

1_4 祠には小さな白い狐が群がり、摩訶不思議な気持ちにさせられます。

 それにしても狐をお祀りするとは、何て奇妙な風習でしょう。 

Imgp07202  調べましたら、ご祭神は「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」で、「御饌津神(ミケツカミ)」とも称し、これを「三狐神」(ミケツカミ)と記すようになり、キツネが神のお使いとされるようになったのだそうです。

  これだけたくさんの「おキツネさん」に囲まれると、ちょっと異様な雰囲気ですが、霊験あらたかな守護神に、この日も大勢の参拝客が訪れていました。

Imgp07191jpg

 参道には朱の鳥居が100本以上連なり、山郷をあでやかに彩っています。そのコントラストが美しく、神秘的。今年もよいことがたくさんあるといいですね。

|

« 「モードの身体史―近世フランスの服飾にみる清潔・ふるまい・逸脱の文化」内村理奈著 | トップページ | “江戸の粋”守り続ける「竺仙」展示会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58953828

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の山郷を彩る佐助稲荷神社:

« 「モードの身体史―近世フランスの服飾にみる清潔・ふるまい・逸脱の文化」内村理奈著 | トップページ | “江戸の粋”守り続ける「竺仙」展示会 »