« 企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」 | トップページ | JFW-IFF 遠州からみ織のストール・ブランド誕生 »

2014年1月22日 (水)

JFW-IFF 着た瞬間に感動する綿100%永久ストレッチシャツ

 ストレッチというと、ポリウレタン素材使いを思い浮かべますが、ポリウレタンは、ひとりでに劣化していきます。このことはあまり知られていませんけれど、新品で収納しておいても、2年から3年で伸縮機能は喪失してしまいます。  
 そこで開発されたのが、綿100%で、ストレッチ性を持たせた素材です。綿ですから、ストレッチ性はいつまでも失われることがありません。

Cimg03531  東京ビッグサイトで開催されている国内最大級のアパレル・ファッション雑貨総合展「JFW-IFFインターナショナル・ファッション・フェア 」(繊研新聞社主催)で、初日の今日、この綿100%永久ストレッチ素材のシャツが、NIPPON MONO ICHI出展の福田織物により発表されて、話題を集めました。 

 同社は、日本三大綿産地のひとつである静岡県掛川市にある生地メーカーですが、今では自社で糸の入手から企画・製造・販売まで手がけるようになり、極細綿糸を使った“光透けるストール”を発売してヒットさせています。 

 その第2弾が、このシャツで、目のつんだ美しい光沢のある綾織とオックスフォードの2種類の織地を揃え、伸縮性があって動きやすいだけではなく、軽くてソフトな肌触り、吸水性がよく10数パーセントの速乾性もあるといいます。洗濯もしやすいそうです。
 熊本県人吉市にある縫製工場で仕立てられたシャツは、嵌めやすいボタン付けにするなど、一手間かけて、縫製にもこだわられているとのことでした。

 既に掛川市の職員の方が着用され、着た瞬間に着心地のよさに感動して驚かれたことから、「着た瞬間に感じる感動と驚き」をキャッチフレーズに展開していかれるとか。

 なお、このシャツ地については、このブログの昨年11月20日付けでも、取り上げていますので、ご覧ください。

|

« 企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」 | トップページ | JFW-IFF 遠州からみ織のストール・ブランド誕生 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFW-IFF 着た瞬間に感動する綿100%永久ストレッチシャツ:

« 企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」 | トップページ | JFW-IFF 遠州からみ織のストール・ブランド誕生 »