« 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 日本の照明デザイナーによるクリエーションが話題に | トップページ | 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 楽しいキャラクター小物が人気 »

2014年1月 7日 (火)

「メゾン・エ・オブジェ」9月展 日本製タオルに高評価

 早くも今月末、次回展を迎える「メゾン・エ・オブジェ」。日本からの出展はまたしても増えています。この見本市の昨年9月展に行く機会があり、日本のメーカーが積極的に市場開拓に取り組まれている様子を見てきました。

 とくにホームテキスタイル分野では、タオルのメーカーが注目されます。日本の品質、ジャパン・クオリティを世界に伝えようと、素材や色、柄などにこだわり、商品開発されていて、いずれも大きな手応えを感じている、といったところでした。
 
内野 UCHINO
 今回で11回目の出展で、人通りの多い好位置にブースを設けられていました。白やブルーが基調の非常に洗練された印象です。
Scimg6094uchino1jpg
Scimg6090uchino  新製品として、クイックドライ(速乾)綿100%タオルを発表。紡績から製品まで一貫体制で生産しているからこその高機能タオルです。

Scimg6084uchino1   また和のイメージも強調されていて、秀峰窯の美濃焼や江戸小紋のモダンな柄を取り入れたタオル、オーガニックコットンやナチュラルダイで、エコの打ち出しも。実績のある肌触りのいいガーゼタオルも豊富。

Cimg6080uchino1  タオルだけでなく、バスローブや部屋着、パジャマの提案も目立っていたのも印象に残っています。




 
プレイリードッグ PRAIRIE DOG
 出展して6年目。今回は、初めてすべてのコレクションを日本製にしたといいます。というのも欧州では中国製が好まれないからとか。Scimg6073prairie1jpg
Scimg6063prairie  とくに洛陽染などでナチュラル感をアピール。また播州織のストールやカラフルでモダンなデザインの風呂敷を並べるなど、日本を強調されていました。

オリム ORIM
 高品質なタオルに目がいきます。出展5回目で、高級ホテルなどからの顧客を着実に増やしている様子です。
Scimg6078orim_2


|

« 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 日本の照明デザイナーによるクリエーションが話題に | トップページ | 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 楽しいキャラクター小物が人気 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58905795

この記事へのトラックバック一覧です: 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 日本製タオルに高評価:

« 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 日本の照明デザイナーによるクリエーションが話題に | トップページ | 「メゾン・エ・オブジェ」9月展 楽しいキャラクター小物が人気 »