« シニア・ハマ・カレッジでシニアファッション講習会 | トップページ | 「THE世界一~極める日本!ものづくり~」展にみる「衣」の世界一 »

2013年12月 7日 (土)

「絶命展-新美編」が魅せる新しい美の世界

 「絶命展」と名付けられたファッションの展覧会が、この10月、東京・渋谷で開かれたことは、このブログでも紹介しましたが、この特別企画、「絶命展-新美編」が、3日、東京・六本木の国立新美術館で、ファッションショー形式で発表されました。
 これは観光庁のユニークベニューのテストケースとして、急遽開催が決まったイベントですが、今、注目の若手ファッションデザイナー、リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和さんと、ミキオサカベ(mikio sakabe)の坂部三樹郎さんの二人がプロデュースしているとあって、ツィッターやネットなどで知ったという関係者ら多数が集結し、会場は熱気に包まれました。

Cimg95571

Cimg95251Cimg95441Cimg95401jpg   







 参加ブランドは「ティート」や「ヌスミグイ」、「タカシニシヤマ」、それに「ここの学校」の学生や卒業生ら、若いクリエイターたちで、花やフリルのキュートなドレスや、海のイメージ、パッチワークやぬいぐるみのようなものも登場し、全体に明るくて楽しい、ポップなクリエーションが満載。新しい美の世界をつくる若者たちのエネルギーに魅せられました。
 
Cimg94951  ショーの前には、クールジャパン推進機構の太田伸之社長をゲストに、山縣さんと坂部さんの3人によるトークセッションが行われ、太田社長が「日本人は内にこもり過ぎ。海外には無限の可能性があり、とくにアセアンは有望。いつまでも欧米ではない。日本で流行らせようなどと思わないで、どんどん外へ出ていって欲しい」と激励されていたのが心に残りました。

417hjub6usl__sl500_aa300__2   なお、この二人のデザイナーは、このほど初の著書「ファッションは魔法」(アイディアリンク)朝日出版940円 を出版。ファッションの魔法を取り戻そうという、彼らのムーブメント、何が出てくるのか、これからますます楽しみです。

|

« シニア・ハマ・カレッジでシニアファッション講習会 | トップページ | 「THE世界一~極める日本!ものづくり~」展にみる「衣」の世界一 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「絶命展-新美編」が魅せる新しい美の世界:

« シニア・ハマ・カレッジでシニアファッション講習会 | トップページ | 「THE世界一~極める日本!ものづくり~」展にみる「衣」の世界一 »