« JBKS 2013アワード グランプリに佐藤繊維 | トップページ | 「JBKS」展で注目のセーターニット »

2013年12月13日 (金)

「JBKS」展で注目のニット カット&ソーン

 「JBKS(ジャパン・ベスト・ニット・セレクション)」は、国産ニット製品・テキスタイルに特化した展示会。昨日のブログで、JBKS 2013アワードを取り上げましたが、今日はこれに続き、注目のカット&ソーン企業の提案をご紹介します。

中橋莫大小
 JBKS 2013アワードで、惜しくもデザイン賞の次点でしたが、同社は「メリッパmerippa」という、ユニークなフットファッションのメーカーです。

Cimg97821  これはスリッパのようでスリッパでない、靴下のようで靴下でない、ふんわりとした履き心地の室内履き。メリヤス生地なので、足に馴染み、足全体を包んでフィットし、またかかと部分がリブ使いなので脱げにくく、踏んで履いても戻るとか。
 
Cimg97931  この新作コレクションをデザインしているのが、何とこのブログでもご紹介しているオフィス松下のニットデザイナー、松下陽子さん。ネットレース編みで特徴を出したコラボ商品で、彩りが楽しい。この色は、千葉県船橋産の小松菜や人参の色素で染めたものだそう。現在、船橋東武百貨店で販売されていて、ご当地アイテムとして、人気を集めているといいます。

ピーコンポ
 ここ5年来取り組んでいるという、フルーツ染めのアイテムが、目を引きます。染めのやわらかな色合いや変化のある表情、カット&ソーンと布帛、レースなどの異素材ミックスが目新しく映りました。
Cimg97971Cimg97981






大石メリヤス
Cimg98181
 今回は、ゼロゼロエスエスのデザイナー、伊藤弘子さんとのコラボレーションによる、サーファー風アウター感覚のパーカやショートパンツなどのアイテムが、シックな色使い、リバーシブルなデザインで斬新です。

Cimg98141  同社のリラックスウェア「スラウチ・アンド・シックSlouch & Chic」も、今治のガーゼタオル地のアイテムで、高級感を感じさせます。
 


小野莫大小
Cimg98461
 人気のコズモラマがいよいよウール100%でも開発されたとのことで、生地サンプルが展示されていました。超ファイン、ハイゲージでクリア、まとわりつかない風合いで、さすがに抜群の高級感です。

Cimg98481  従来の綿100%コズモラマもあり、このブログで何度かご紹介したファクトリーブランド「smooth day」の商品がディスプレーされていました。東京・青山にあったショップは、今月末に店舗を移転することになったそうで、次はどこに、そしてどんな風な店になるのか、また楽しみです。

|

« JBKS 2013アワード グランプリに佐藤繊維 | トップページ | 「JBKS」展で注目のセーターニット »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「JBKS」展で注目のニット カット&ソーン:

« JBKS 2013アワード グランプリに佐藤繊維 | トップページ | 「JBKS」展で注目のセーターニット »