« PTJ 2014秋冬 播州織の機能加工が関心の的に | トップページ | PTJ 2014秋冬「風合いの匠」古橋織布が魅せる新風合い »

2013年11月27日 (水)

PTJ 2014秋冬双葉レースのモダンな幾何柄

 レースといえば繊細な花柄を想像しますが、PTJ 2014秋冬展に出展していた双葉レースは、モダンな幾何柄グラフィックの新作を披露し、好評を博していました。

Cimg92831Cimg92801




 やや厚みのあるパリッしたテキスチャーで、白地にブルーのラインを配した幾何柄は、ビルの窓のような小さな穴開きスクェアで構成されています。シンプルでモダンなデザインが、清新な印象。混率はC65.9/NY32.9/PE1.2。

 ラッシェル編レースを得意とする同社は、極薄のメッシュから厚地ウールまで、多種多様なオリジナルレースを、福井県の自社工場で生産しています。展示会ではいつも旬な素材が揃い、伺うのが楽しみなブースです。

|

« PTJ 2014秋冬 播州織の機能加工が関心の的に | トップページ | PTJ 2014秋冬「風合いの匠」古橋織布が魅せる新風合い »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58657485

この記事へのトラックバック一覧です: PTJ 2014秋冬双葉レースのモダンな幾何柄:

« PTJ 2014秋冬 播州織の機能加工が関心の的に | トップページ | PTJ 2014秋冬「風合いの匠」古橋織布が魅せる新風合い »