« 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ | トップページ | 2014年春夏「ユキトリヰ」軽やかに“エアリードレッシング” »

2013年11月16日 (土)

2015春夏アパレルのトレンドは?

 早くも2015春夏向けアパレルのトレンド予測プレゼンテーションが、アメリカのコットンインコーポレイテッド社により、先日、東京・青山で行われました。

Cimg89331jpg  講師は、ニューヨーク支部のトレンドアナリスト、ジェナ・カガーボさんです。今シーズンも、2015春夏に予想されるカラーや素材トレンドを、次の5つのテーマで、紹介されました。ここではカラーを中心に、その一端をご紹介します。
 
○Laboratory  ラボラトリー
 研究所や実験室が生む新しい研究の世界が、アート作品に波及している事例をヒントに、どちらかというと、冷たい印象のモチーフを温かい人間的な美意識へ変化させるテーマ。カラーはモダンで、優しみのあるペールパステル。

○Empathy  エンパシー
 エンパシーは、相手の立場に立って考え行動するという意味の言葉。現代は人との絆や公共の福祉といった事柄がますます重要視されていることから、カラーも感情的なつながりを作り出せる明るい濃色のパレットを提案。

○Discipline  ディシプリン
 このところ求められているのが、自由よりも規律や自制心。これをネガティブにとらえるのではなく、プラス思考で解釈することが大切で、こうした動きを反映させるカラーとして、上品で落ち着いた色調を提案している。

○Elastic  エラスティック
 人生はかつてないほど速く移ろい、人々のニーズや欲望も同様に早く移り変わる。私たちもそれに順応することが求められている。キーポイントは順応性、適応性。ここでは生き生きとした明快なカラーパレットが中心。

○Present Perfect プレゼント・パーフェクト
 プレゼント・パーフェクトとは現在完了のこと。進化し続けるテクノロジーの中で、私たちは”次の何か”を常に期待させられている。現時空をワープし、未来へ導く感覚を表現するカラーパレット。ポイントはグリーン系や紫系。

|

« 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ | トップページ | 2014年春夏「ユキトリヰ」軽やかに“エアリードレッシング” »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58584952

この記事へのトラックバック一覧です: 2015春夏アパレルのトレンドは?:

« 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ | トップページ | 2014年春夏「ユキトリヰ」軽やかに“エアリードレッシング” »