« ヘアデザイナー加茂克也展に見る驚きのヘッドピース | トップページ | 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ »

2013年11月14日 (木)

2014年春夏「ダブレット」テーマは”Layer”

 メンズファッションブランド「ダブレットdoublet」の2014春夏コレクションが、先月行われたMBFW東京コレクションの日程に合わせて、インスタレーション形式で発表されました。

 ブランドを手掛けるのは新進気鋭のファッションデザイナー、伊野将之さんです。このブログの7/24付けでも既に紹介しましたが、このブランドの特徴は何と言ってもオリジナリティのある素材で、ブランド名のようにダブル、つまり二重性のあるテキスタイルが使用されていることです。しかも産地は、かつて私も何度も通ったことのある兵庫県西脇だそうで、彼の地の先染め織物、播州織であることにも、親しみを感じています。
 
Cimg82571  今シーズンのテーマは”Layer(重ね)”。とくに透ける薄地を重ね合わせたデザイン表現が注目されます。
 
 写真左は、ボーダーストライプ地の上に、透け感のあるストライプをのせて、チェックの効果を演出したジャケットとバミューダパンツ。


 
Cimg82591

 写真右は、裏地付きのような両面素材で、上から下へ織組織が微妙に変化し、無地からグレンチェック柄が浮かび上がってくる、ニードルパンチ風なロング丈の軽いシャツジャケット。
  
 カジュアルな中に大人の品格を感じさせるデザインです。

|

« ヘアデザイナー加茂克也展に見る驚きのヘッドピース | トップページ | 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58582619

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春夏「ダブレット」テーマは”Layer”:

« ヘアデザイナー加茂克也展に見る驚きのヘッドピース | トップページ | 2014/15秋冬 糸とニットウェアはますます多様化へ »