« デニムとニットのリクチュール展 | トップページ | 「マイ ユニクロ」で自分好みにデコレーション »

2013年10月 9日 (水)

儚く妖しいファッションの秘境「絶命展」

Zetsumei_web 「絶命展」~ファッションの秘境~が、東京・渋谷のパルコミュージアムで14日まで、開催されています。先日、このオープニングレセプションに行ってきました。

 ものすごい熱気の中で、生身のモデルがマネキンと一緒にディプレーされている様子は、妖しい美しさを放っていて衝撃が走りました。こんなにも生々しく「ぞくっ」としたのは、おそらく初めてです。

 本展をプロデュースしたのは、東コレで大人気のファッションデザイナーで、新進気鋭の山縣良和(writtenafterwards)さんと坂部三樹郎(mikio sakabe)さんです。「絶命」と名付けたのは、死が、創造の始まりだからとか。確かにファッションは、泡沫のように儚く消えてはまた生まれ出るものです。それは生きているもののように、時を刻みながら、流れ動いていきます。「輪廻(りんね)転生」を繰り返していると、いってもいいのかもしれません。

 会期中は内容が、何度か変化するそうで、体験しにまた行ってみようと思っています。これはファッションの本質に迫る、類例のないユニークな展覧会、日本の若者たちの底力のようなものを感じます。 
 
Cimg79611jpg
 坂部三樹郎さんの森の妖精をイメージさせる作品。


 



Cimg79681
 柳亜里さんが初めて手がけたというブランド「Alicorn(アリコーン)」のコレクション。ご自身のファンタジックな絵を背景に。 

 

|

« デニムとニットのリクチュール展 | トップページ | 「マイ ユニクロ」で自分好みにデコレーション »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 儚く妖しいファッションの秘境「絶命展」:

« デニムとニットのリクチュール展 | トップページ | 「マイ ユニクロ」で自分好みにデコレーション »