« 2014春夏「マツシタ」展 エレガントなクチュールニット | トップページ | デニムとニットのリクチュール展 »

2013年10月 7日 (月)

大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」

 大阪府南部に位置する泉州の繊維素材展、「テキスタイル・ファッション・コンシェルジュ」が、先週、大阪繊維産地活性化ネットワーク協議会主催により、東京・北青山で開催されました。泉州は、昔から繊維産地として名高い地域で、原料の生産から商品の製造まで、様々な企業が揃っています。

 
 第2回目を迎える今回は、「日本で創る~2013繊維イノベーション~」をテーマに、高い技術力を武器にした企業・団体33社が参加しました。

 
 とくにコットン関連で目立ったブースをご紹介します。

 
大正紡績
 世界中から集めたオーガニックコットンの原綿のサンプルと、1kgの糸に必要な綿の量を展示していて、目を惹きつけられました。奥の棚にはボタニカルダイ(植物染め)の様々な色合いの糸も置かれています。Cimg792411

Cimg79171jpg1  写真左のロングストールは、肌ざわりがしなやかで、さらさらと心地いい、透けるボイル地。120番手単糸使いで、希少なアルティメイトピマ綿とのこと。

 老舗高級ブランドでも、5年前から扱われている商品だそうで、ボタニカルダイによるカラーバリエーションも増えて、人気が広がっている様子です。


○橘織物
Cimg79321  綿の高機能素材、保温性のある温かい「ウインターコットン」や、接触冷感の「プラスクール」製品を、東海染工とのコラボで提案。合繊でしか得ることのできなかった綿100%のストレッチ性やイージーケアも実現されているとのことで、ナチュラル性と機能性を兼ね備えたコットンに注目です。

辰巳織布
Cimg79411  経糸の長短複合織物、「フィルコット」を大きく打ち出しています。表は綿、裏はポリエステル(その逆もあり)で、両者のよさを採り入れた二重織ダブルフェイスの高密度織物は、しなやかで滑らか。洗練されたエレガントな雰囲気が魅力です。

ブレッシング
Cimg79461  100%コットンなのに、肌にまとわりつかず、縦にも横にも、また斜めにもよく伸びる超極細ニット「ビヨン・コットンBEYOND COTTON」を開発。その繊細で、発色の美しいニット製品をディスプレーしていました。日本アトピー協会推薦品マーク承認証も受けているとのことで、泉州には、すばらしい技術を持つメーカーがあると、驚かされました。

|

« 2014春夏「マツシタ」展 エレガントなクチュールニット | トップページ | デニムとニットのリクチュール展 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」:

« 2014春夏「マツシタ」展 エレガントなクチュールニット | トップページ | デニムとニットのリクチュール展 »