« 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 | トップページ | 儚く妖しいファッションの秘境「絶命展」 »

2013年10月 8日 (火)

デニムとニットのリクチュール展

 古着や端切れ、残布などを使い、オリジナルな服を創作する、リクチュール(Recouture)の活動が活発です。リペアやリフォーム、リメイクの手法をふんだんに用いて制作されたデニムとニットの合同展が、14日まで東京・渋谷で開かれています。
 
 とくにデニムは着るほどに味が出る素材なので、リクチュールにはぴったり。生地づくりの工程で廃棄されてきた“デニムの耳”を利用したアイテムも、販売されています。デニムはもう捨てるところのないエコ素材です。
 
Cimg79791  ここで見られるように、ニットと組み合わせるのも、思いがけなく斬新です。高品質で知られる佐藤繊維のニットに、デニムメーカーのカイハラのデニムをあしらったニットウェア。

 
Cimg79751 Cimg79821
 “デニムの耳”を岩手で裂織りした  米国製ジーンズの古布の
という織地を使ったバッグ。   タイポグラフィを利用したトートバッグ。                                       
                          スワンプジーンズ。                           

|

« 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 | トップページ | 儚く妖しいファッションの秘境「絶命展」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58349235

この記事へのトラックバック一覧です: デニムとニットのリクチュール展:

« 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 | トップページ | 儚く妖しいファッションの秘境「絶命展」 »