« “継続”をテーマに進化する「米沢織物展」 | トップページ | 2014年春夏「DRESSEDUNDRESSED」DHLデザイナーアワード受賞 »

2013年10月17日 (木)

2014年春夏「ソマルタ」和の美意識を未来へつなぐ“メタファー”

 ソマルタの2014年春夏コレクションは、“メタファー”がテーマ。ブランドを手掛けるデザイナー廣川玉枝さんは、今シーズン、「日本の伝統を未来へつなげることがデザイナーの役割」と、和装の美意識を採り入れたコレクションを発表しました。

 きもの打合せや帯締めのようなベルト、揺れる袖などがきものの構造を思わせ、微妙なニュアンスの重ねは、十二単の襲(かさね)色目のよう。和の要素は、エレガントな洗練の極みに昇華され、一つ一つすべてが美しく、うっとり魅せられました。
Cimg81521_2 Cimg81711 Cimg81891


 現代的なビルを縁どる竹の庭をサイドに、さっそうと現れるモデルたち。そこには過去と現代を融合させ、未来へのかけ橋になりたい、というデザイナーの思いが込められているようでした。
Cimg81861

|

« “継続”をテーマに進化する「米沢織物展」 | トップページ | 2014年春夏「DRESSEDUNDRESSED」DHLデザイナーアワード受賞 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春夏「ソマルタ」和の美意識を未来へつなぐ“メタファー”:

« “継続”をテーマに進化する「米沢織物展」 | トップページ | 2014年春夏「DRESSEDUNDRESSED」DHLデザイナーアワード受賞 »