« 2014春夏「ユマコシノ」の“ミニマル・バルティック” | トップページ | 日本綿業振興会賞は手仕事をモダンに仕上げた作品に »

2013年10月14日 (月)

2014年春夏「ヒロコ コシノ」“光と影の物語”をテーマに

 「ヒロコ コシノ」の2014年春夏ファッションショーが、11日、東京・恵比寿で開催され、アーティストでもあるデザイナー、小篠弘子さんの、モダンアートの美意識に彩られた美しい世界にしばし浸りました。
 
 テーマは、“光と影の物語”。光は輝くほどに、影は暗くなります。そのコントラストが紡ぎ出す物語を、大都会のビルの窓のような四角形をライトモチーフにして、表現されています。目にまぶしいプリントから冷たく輝く光りへ、白一色へ、さらに小粋な黒へ、というように。
Cimg81141 Cimg81181Cimg81191   


Cimg812361
 見応えのある、見事に完成されたコレクションに嵐のような拍手が沸き起こりました。

|

« 2014春夏「ユマコシノ」の“ミニマル・バルティック” | トップページ | 日本綿業振興会賞は手仕事をモダンに仕上げた作品に »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春夏「ヒロコ コシノ」“光と影の物語”をテーマに:

« 2014春夏「ユマコシノ」の“ミニマル・バルティック” | トップページ | 日本綿業振興会賞は手仕事をモダンに仕上げた作品に »