« 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 | トップページ | 2014年春夏「まとふ」“尽くし”テーマに心尽くしのコレクション »

2013年10月23日 (水)

2014年春夏「アンリアレイジ」“サイズ”のない服に衝撃!

 毎シーズン、これまで見たこともない新しい服を創造し続けているブランド「アンリアレイジANREALAGE」。その2014年春夏コレクションはまたしても衝撃が走るものでした。16日、ラフォーレ六本木を会場に、発表されたのは“サイズ”を超えた服、ノーサイズの服です。

 同ブランドを手掛けるデザイナーの森永邦彦さんは、「大きさと小ささ。大きいと小さいを分ける境界線はどこにあるのか。人が服に寄り添うか、服が人に寄り添うか」と問いかけます。そして服の方が人に寄り添う服、つまり人が中心の服を開発したのです。

Cimg8389_1 Cimg83951_2  ランウェイでは、まず登場したのが、元は同じ服であるはずなのに、柄やディテール、重ね合わせた形がそれぞれ部分的に異なっているデザインの服。

 次に現れたのが、背丈の異なるモデル3人で、着用している服が舞台の上でひとりでに縮み変化していきます。まるでマジックでも見ているかのような、驚きのショーでした。
Dsc_00302jpg Dsc_00311



 これはリモコン操作で、内部に張り巡らせた糸を自動的に伸縮させ、ギャザーやドレープを寄せさせたとのことですが、実際には手動のダイヤル装置で、着る人が着丈や身幅を自由に変えられる構造になっているといいます。

 服を着る人が、サイズやフィット感を好きなように調節できるとは! まさにユニバーサルデザインの考え方に則った服です。これなら誰もが着用できますし、デザインも気の向くままに変えられる、本当にすばらしいと感嘆させられました。

 ついにサイズという服の壁も乗り越えた森永さん。次への挑戦が本当に楽しみです。

|

« 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 | トップページ | 2014年春夏「まとふ」“尽くし”テーマに心尽くしのコレクション »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春夏「アンリアレイジ」“サイズ”のない服に衝撃!:

« 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 | トップページ | 2014年春夏「まとふ」“尽くし”テーマに心尽くしのコレクション »