« 岡嶋多紀展「布のかたち、糸のかたち」 | トップページ | 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 »

2013年10月 6日 (日)

2014春夏「マツシタ」展 エレガントなクチュールニット

 ニットのデザイナー、松下陽子さんが、ご自身が手がける「マツシタMATSUSHITA」ブランドの下げ札を刷新し、1-4日、東京・銀座で、2014春夏展示会を開きました。

Cimg79531  軽やかでエレガントなニットアンサンブルやジャケット、スカート、パンツなどの新作は、クチュールらしい感覚です。シルクやラメなどのファンシーな高級糸が使われていて、手仕事の技も駆使され、シャネルを思わせます。
 飽きのこないシンプルなデザインは、今風なシルエットが美しく、一着あれば重宝すると思いました。
 
Cimg79491  写真は、今期、パリのPVプリュリエルの一つ、服飾資材・付属品の見本市「モッダモン展」に出展したSHINDOのブースで展示されたニットドレスで、松下さんが同展のトレンドテーマに則って、デザイン制作されたものです。スカート部分だけでも10種類ものテープやコードなど、SHINDOの製品が使用されているそうで、すべて手編みで、途方もない日数をかけて仕上げられたとか。
 すばらしい出来栄えに驚嘆しました。「大変だったけれど、やってみてよかった!」という、松下さんに、エールを送ります。

|

« 岡嶋多紀展「布のかたち、糸のかたち」 | トップページ | 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014春夏「マツシタ」展 エレガントなクチュールニット:

« 岡嶋多紀展「布のかたち、糸のかたち」 | トップページ | 大阪・泉州の繊維素材展:テーマは「日本で創る」 »