« 2014年春夏「JNBY」“ヴィンテージ”に焦点を当てて | トップページ | 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 »

2013年10月21日 (月)

東京ファッション専門学校100周年記念を迎えて

 最近、~周年記念を祝うイベントがあちらこちらで目立ちます。東京・築地に近い松徳学園東京ファッション専門学校も、今年で創設100年とのことで、15日、式典と披露パーティが開かれました。 
 この学校には和洋二つのコースがあり、とくに和裁コースには定評があります。というのもここは、銀座の百貨店「松屋」が1913年(大正2年)に創始した学校で、その旧きよき伝統を受け継いでいるのです。

Cimg82661jpg  会場には、校史を知る写真などの資料が展示され、着物姿でお針の稽古に励む生徒たちなどが写っていて、大変興味深かったです。一時期には何と1,000人もの学生が就学されていたと聞き、一昔前を懐かしみました。

Cimg82641jpg  披露宴は、同校理事で(株)オンワードホールディングス会長の廣内武氏の挨拶から始まり、和気あいあいとした雰囲気で歓談しました。
 
 この日は台風の影響で大幅に遅刻しましたけれど、記念式の後半に間に合い、パーティに参加できました。実は私はここで「西洋服装史」を担当しています。駆けつけて本当によかった、と感謝しています。

|

« 2014年春夏「JNBY」“ヴィンテージ”に焦点を当てて | トップページ | 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58438203

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ファッション専門学校100周年記念を迎えて:

« 2014年春夏「JNBY」“ヴィンテージ”に焦点を当てて | トップページ | 2014年春夏「タエアシダ」リラックス感をエレガントに表現 »