« PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? | トップページ | PV 2014/15秋冬カラー:ダ―クな濃色に注目 »

2013年9月25日 (水)

PV 2014/15秋冬のファッションイメージ

 パリのプルミエールヴィジョン(PV)が発表するファッション情報は、シーズン毎のテキスタイル企画に大きなヒントを与えてくれます。中でもその全体像を表象しているのが、シーズンのイメージヴィジュアルです。

Premiere_vision_fw14152__press_pict  2014/15秋冬のイメージヴィジュアルは、鏡に反射する「逆さまの木」がライトモチーフになっています。水平線に浮かぶ大平原の一本の木が上下反転した形で映り込む、木の影のある景観が描かれています。

 モード委員長のパスカリーヌ・ヴィルヘルム氏は、これについて「現実の風景とその反射が映し出す虚像、つまりイマジネーションの世界を並べて見せることで、二重性を象徴している」。また、虹(?) のような形の輪は、ボリュームと構造を工夫することで、しなやかな線や分厚い丸みを浮かび上がらせる素材が焦点になることを表現しているといいます。
 
 テクノロジーと手仕事の技、ナチュラルとアーティフィシャルという大きな二つの流れの融合、また華やかさと控えめ、ニュートラルとファンタジーなど相反する要素を大胆に並立させる傾向、ダブルフェイスなど、様々なダブル素材の重要性など、新しいシーズンのエスプリを感じさせるイメージヴィジュアルに注目です。

|

« PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? | トップページ | PV 2014/15秋冬カラー:ダ―クな濃色に注目 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PV 2014/15秋冬のファッションイメージ:

« PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? | トップページ | PV 2014/15秋冬カラー:ダ―クな濃色に注目 »