« PV会場構成見直しでスタイル・フォーカス”好評! | トップページ | PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? »

2013年9月23日 (月)

PVでイエール国際フェスティバルのグランプリ受賞作品展

 この4月末に開催された新人クリエイターの登竜門、イエール国際フェスティバルで、プルミエールヴィジョン(PV)審査員グランプリを受賞したフィンランドのファッションデザイナー、サトゥ・マアラネンSatu Maaranenさんの作品が、PV会場で展示されました。
 
Cimg749p1v  コレクションのテーマは、「風景の中の服Garment in Landscape」で、自然と衣服、ファッションと風景の関係を追求したコレクション。ランド・アートの擬態や、1960年代のオートクチュールの丸みのあるボリューム・シルエットが発想源とのことで、素材はパリッとしたコットンが中心です。
 
 自然を連想させる抽象画をバックに服を配置した、ユニークなディスプレーは、まさにファッションとアートの融合です。北欧の人らしい、大胆な色使いにも感銘しました。
Cimg7490pv1

|

« PV会場構成見直しでスタイル・フォーカス”好評! | トップページ | PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVでイエール国際フェスティバルのグランプリ受賞作品展:

« PV会場構成見直しでスタイル・フォーカス”好評! | トップページ | PVの新たなテーマ:クリエーションに責任はあるのか? »