« “「創刊77周年記念『装苑』」と「装苑賞」その歩み展” | トップページ | 「エヴァンゲリオン展」ファンの熱気ムンムン »

2013年8月21日 (水)

サボテンの盆栽アート「叢 Qusamura展」

 今、東京・新宿のビームスB GALLERYで、奇妙なサボテンの展覧会が開かれています。Cimg57521jpg  
 それは「いい顔してる植物」をコンセプトに、突然変異や経年変化により、個性的な風合いや物語が生まれた植物を主に取り扱う「叢(くさむら)」のサボテンたち。一般に市場に出回っている色や形が整った植物ではなく、人工的に接ぎ木したり、矯正されたりした盆栽アートです。
 
Cimg57411  ところで「叢(くさむら)」は、植木屋でも花屋でもない植物屋だそう。広島を拠点に活動されているとのことです。
 このような多肉植物のアートを見たのは初めてでしたが、世界を見回してみると、タイあたりでも盛んに行われているそうです。しかし盆栽大国、日本には、繊細な技術があり、この分野で世界一と胸を張ります。

 サボテンを上から見たところです。摩訶不思議な形をしています。

Cimg57421 Cimg57481

Cimg57501jpg_5 右はアロエでも 「鬼アロエ」。

 アーティスト11組とのコラボTシャツも限定販売されていました。

|

« “「創刊77周年記念『装苑』」と「装苑賞」その歩み展” | トップページ | 「エヴァンゲリオン展」ファンの熱気ムンムン »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/58033873

この記事へのトラックバック一覧です: サボテンの盆栽アート「叢 Qusamura展」:

« “「創刊77周年記念『装苑』」と「装苑賞」その歩み展” | トップページ | 「エヴァンゲリオン展」ファンの熱気ムンムン »