« ライフスタイル業態の求められる背景と本質 | トップページ | 「たんす鉱山」を掘り起こす和装リサイクルとリクチュール »

2013年8月 4日 (日)

龍の口竹灯籠―幻想的な夏の夜の風物詩

 昨夜、藤沢・片瀬の龍口寺境内は、竹灯籠が灯る幻想的な光景に包まれました。夏の夜の風物詩、「龍の口竹灯籠」です。
Dsc_00051
Cimg54571_2    これは境川河口で行われていた灯篭流しに代わる行事で、今年で3年目になるのだそう。
 仁王門から五重塔まで3,000基の竹灯籠が、ところ狭しと並べられ、幽玄な夜を演出していました。青竹に暖かい黄色のロウソクの灯がゆらめく様子は、甘美で神秘的です。
 
 本堂では、思いがけなくもヴィオラとピアノの姉妹デュオ「マリエリカ」のライブを聴くことができました。こんな楽しい会を気軽に開く龍口寺、ここは、本当に地元に開かれたお寺です。
 二人の浴衣姿も可愛らしくて、彩りを添えていました。
Cimg54711

|

« ライフスタイル業態の求められる背景と本質 | トップページ | 「たんす鉱山」を掘り起こす和装リサイクルとリクチュール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/57930958

この記事へのトラックバック一覧です: 龍の口竹灯籠―幻想的な夏の夜の風物詩:

« ライフスタイル業態の求められる背景と本質 | トップページ | 「たんす鉱山」を掘り起こす和装リサイクルとリクチュール »