« デジタルプリントで変わるアパレルのモノづくり | トップページ | パリPV の2014/15秋冬ファッション予測 »

2013年7月31日 (水)

「座骨で座る」は禅に通じる疲れない座り方だった!

 背もたれまで深く腰掛け「座骨で座る」と疲れない。これはうらら会主催のセミナー「あなたがもっと輝くためのココロとカラダの調え方」で、働く人の健康づくりアドバイザー、講師の樋口毅さんから伺ったこと。この「座骨」という言い方が、ずばり「ほね」を意識させ、これ以来、椅子に座ると、この言葉を注意するようになりました。こうすると確かに脚を組むことができなくて、きちんと座っていられるようです。
 
 先日、禅寺で講義があったときも、「腰を立てて座る」と言われ、これは「座骨で座る」と同じことと気づきました。「座る」のにも、いろいろな言い回しがあります。
 
 呼吸についても、「吐く息をゆっくりと15秒かけて吐くように」とのことで、樋口さん(写真)も、同様に「呼吸は1分間に4回くらいがもっともよい」といいます。
Img_18661  
 そしてこの姿勢と呼吸法は、禅の「三調」、すなわち「調身、調息、調心」に由来することを知りました。「調身」は姿勢、「調息」は呼吸で、この二つが調えば、おのずと「調心」、心が調うというわけです。
 
 「座骨で座って、ゆっくりと吐く」は、まさに禅の教えでした。日々心したいものです。

|

« デジタルプリントで変わるアパレルのモノづくり | トップページ | パリPV の2014/15秋冬ファッション予測 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/57910263

この記事へのトラックバック一覧です: 「座骨で座る」は禅に通じる疲れない座り方だった!:

« デジタルプリントで変わるアパレルのモノづくり | トップページ | パリPV の2014/15秋冬ファッション予測 »