« 「JAFIC プラットフォーム」デザイナーとアパレル交流の場に産地も初参加  | トップページ | もうひまわりが満開とは! »

2013年7月14日 (日)

「JAFIC プラットフォーム」オリジナリティは素材から

 今回の「JAFIC プラットフォーム」で注目されたのが、テキスタイルに特徴のあるブランドです。「オリジナリティを追求するには、素材開発から」と、素材からつくり込むデザイナーが多くなっているのです。
 たまたま出会って気になったブランドを、いくつかご紹介します。

○COROMO BY DECO SUGAI コロモ バイ デコ スガイ
Cimg48241jpg  ブランドを手掛けるのはデザイナーの菅井英子さん。和の伝統を軸に、コレクションを展開。
 今回は、とくに京都の友禅染めに見られるモチーフをプリントで表現したジーンズウェアを提案されています。洗練された大人カジュアルが目を惹きます。

TaaKK ターク
デザイナーの森川拓野さんは、「イッセイミヤケ」の企画デザインを担当されていて、独立。ブランドを立ち上げて、まだ1年という若いデザイナーです。
 ニードルパンチ使いで奥行きのあるグラデーションを表現したり、ボンディング・オパール加工で、マドラスチェックに細かいスラッシュのような装飾を施したり(右下の写真)。ベーシックな素材を巧みなテクニックでアップデートしたワードローブに魅せられます。
Cimg48311jpg_4Cimg48331_4

○WaCCa ワッカ
Cimg48371jpg  デザイナーは北海道出身の太田みぎわさん。「WaCCa」とは、アイヌ語で「聖水」の意味とのことで、水をイメージしたクリエーションを大切にしているそうです。
 スタートして2年目となる今秋冬は、メンズライクな雰囲気を主調に、トルコのANTEKS社から仕入れたペーズリーやストライプの高密度綿織物使いのアイテムを発表されています。

Ventriloquistヴェントリロクィスト
「Ventriloquist(ヴェントリロクィスト)」、つまり「腹話術師」の名称を持つブランドを手掛けるのは、根本貴史さんと伊藤理恵子さんのデュオ。
   ベビーアルパカ入りのラフなニットや、チェックにグラデーションのインディゴ染め、レースのボンディングなど、こだわりのオリジナルアイテムが並びます。
 どこか懐かしいガマ口型のバッグも影のヒット商品とか。
Cimg48451 Cimg48471
   
Motohiro Tanji モトヒロ タンジ
Cimg48301jpg  立体的な動きのある編み込み模様のニットを見せる丹治基浩さん。英国で学んだ俊才で、ブランドを立ち上げて、3シーズン目とか。
 コンピューターや家庭用編機を駆使した個性的なデザインが光っています。

|

« 「JAFIC プラットフォーム」デザイナーとアパレル交流の場に産地も初参加  | トップページ | もうひまわりが満開とは! »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/57800505

この記事へのトラックバック一覧です: 「JAFIC プラットフォーム」オリジナリティは素材から:

« 「JAFIC プラットフォーム」デザイナーとアパレル交流の場に産地も初参加  | トップページ | もうひまわりが満開とは! »